清和学園とは

ABOUT

学園長からの挨拶

私ども熊本清和学園は、熊本清和児童クラブを前身に1976年北区清水町に学習塾を設立。1995年に中央区新大江に「清和学園公務員ゼミ」として専門スクールを開設。さらに創立45周年を機に中央区水前寺に教室を移転しました。

開設当初から現在までの間に景気はめまぐるしく変わり、以前であれば珍しかった会社の倒産・失業というネガティブな事案も、極々一般的なものになってきています。さらに新型コロナウイルスの蔓延により社会構造も一変しました。

その結果、安心して働けやりがいのある仕事・公務員を目指す人は年々増加し、競争率も激しくなっております。

私どもはこれまで、公務員試験で求められることも変わるなか、それをいち早く察知し、本学園の公務員受験生が全員試験に合格できるよう努めてまいりました。これまでに、国家職・地方職等々多数合格者を輩出し、先輩達も社会のために頑張っています。本学園生もここ近年、実質合格率90%超を達成致しております。これからも変わらず、皆さんの夢と向き合い、徹底的に、そして丁寧に指導していく所存です。

また、平成30年に開設した「中学部サポートルームIris」も全員高校へ進学し、初期の目的を達成し令和2年にて終了。
 さらに、新たな取り組みとして、令和4年4月より今までの塾とは異なる、マイペースで楽しく学べる小・中学生対象の未来ゼミ「個別指導ルーム」を新設致します。
 当ゼミの特色は、基本的に少人数で生徒と教師が1対1。生徒の自主性を重視した個別カリキュラムにて指導します。
 気になる単元を生徒と先生で話し合いながら、勉強に対する抵抗感をなくして遊びの気持ちで楽しく学びます。
 勉強で大切なことは、自分で考え基礎をしっかり理解するということです。基礎がわかっていれば興味も出て、さらに継続する力が湧いてきます。
 勉強は、強制されて嫌々ながらやっても身につきません。学習内容がわかるようになり興味が出てくれば、自然にやるようになるものです。自分の頭でじっくり考えることで、「やる気」もおのずと出てきます。
 当ゼミは、先生から生徒への一方通行的な授業はいたしません。生徒といっしょに考えながら、「あっ、解けるかも?」と感じられる楽しい授業を展開します。
 さらに、生徒が自分の力で考え「何でだろう?」が、学びのスタートになり生徒の可能性を無限大に伸ばしていきます。
 当ゼミ教師陣は、1人ひとりの学力診断を随時行い、夢実現への進路設計と個別相談を繰り返し実施します。第1志望校合格のため全教師が一丸となり強力にサポート致します。
 さあ、君の可能性を信じ、未来にチャレンジしましょう‼︎

熊本 清和学園
学園長 緒方清一